即日対応のファクタリングの利用方法とは

  • ファクタリングは借金ではないのでおすすめ

    • 設備資金は、事業を行う際に必要な設備投資になるお金ではあるけれども、会社経営の中で新しい設備を導入することになった際にも、このような資金が必要になることは少なくありません。
      例えば、従来使っていたコピー機が故障したため新しいコピー機を導入したいとき、従業員が増えたため新しいパソコンを導入したいときなど、これらはすべて設備資金の中で賄われることになります。

      おすすめのファクタリングのサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

      銀行などの金融機関から融資を受ける場合も、事業資金ではなく設備資金の名目で借入を行いますが会社の中で資金に対する体力がある場合は運転資金から賄うことができるわけです。
      ちなみに、運転資金は主に仕入れなどで使うものですが、オフィスの家賃やリース料金などの費用はすべて運転資金、毎月固定費として計上が行われるものもあります。

      光熱費や人件費なども運転資金の中で賄うことになるので、資金計画を立てる時には細分化することがおすすめです。



      会社の中で資金への余裕がない場合は融資を受けるイメージを持つ人も多いかと思われますが、売掛金を多く持つ会社ではファクタリングを使う方法もおすすめのやり方です。

      ファクタリングをおすすめする理由の中には、ファクタリングは売掛金の権利そのものを売却するもので融資のように借金になるものではないためです。



      借金をすると後の返済計画を立ててその通り経営を進めなければなりませんが、ファクタリングは将来入金される予定になっているものを前倒しで受け取れる金融サービスです。